シグマ50mm、再び。

松の葉
松の葉。奥に見えるのは、大磯迎賓館です。

シグマ50mmを持って大磯町を散策しました。

延台寺
延台寺。

祠
小さな祠。

大磯町の風景
町の風景。

鳥居
鳥居。

大磯駅ホームから
大磯駅のホームから。この写真だけオートフォーカスで。

先日、時間潰しのため新千歳空港で雑誌「カメラマン」10月号を買いました(数あるカメラ雑誌の中から選んだ理由は、表紙の波瑠さん)。その中に「下剋上レンズはこれだっ!!」というコーナーがあり、僕の持っているシグマの古いほうの50mm単焦点が載っていたのを見つけ、久々に撮ってみたくなったのでした。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM。今はこの後継としてArtシリーズの50mmが出ているけど、この古いEXもまだまだ十分以上に使えるという印象です。今でも凄い。まあ、古いと言っても2008年発売なので、僕からすると全然新しい方だと思っていますが。

ビシッとピントを合わせたところの解像力は素晴らしく、ぼけ味はまろやか。柔らかい描写です。

開放から使えます。ただし、F1.4ともなると被写界深度が恐ろしく薄いので、MFでピントを合わせるには鍛錬が必要...。絞れば、駅ホームの写真のように隅々までキリッと描いてくれます。

5D mk2と同時に買ったこのレンズ。最初の頃はスーパーカーみたいだという印象でした。凄いけど、凄すぎて当時の僕には扱うのがなかなか大変。でも、今回使ってみると、大変という印象はなく、楽しく撮ることができました。今回を機に、再び活用したいと思います。

Camera:
Canon EOS 5D Mark II
Lens:
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM