寿福寺

寿福寺の石畳
寿福寺。こぢんまりとした境内と、美しい石畳が印象的なお寺です。

このまっすぐ通った参道が個人的に好きで、時々訪れます。この石畳は「桂敷き」という技法で作られているそうです。

前回記事の続きです。スターバックスで一息入れた後は、鎌倉駅付近を散策しました。

寿福寺の総門(1)
総門がこれまた非常に美しい。

参道の草木
控えめに咲く参道の草木も美しい。

仏殿前の門
仏殿に至る門。普段は閉じられているのですが、祝日ということもあってか、珍しく開かれていました。

仏殿
仏殿へ。左側に生えている大木は、ビャクシンの大樹。鎌倉市指定天然記念物です。

仏殿内は撮影禁止でしたため写真はありませんが、中には歴史を感じさせる大仏が鎮座していました。また、その両隣にはこれまた古くも威厳ある仁王像が、文字通り仁王立ち。圧倒的な迫力でした。

松の木
松の木も、もはや松の木だかなんだか分からない程に立派。

寿福寺の総門(2)
やはり惚れ惚れする門です。

小さなお寺ですが、ここの雰囲気は以前から好きで、鎌倉に来てはちょくちょく訪れます。

Camera:
Canon EOS 5D Mark II
Lens:
Canon EF24-70mm F2.8L II USM