【青春18きっぷの旅】3日目:岡山県倉敷市、美観地区を訪ねる

宿のすぐ目の前に和歌山城
3日目。朝気付いたのですが、宿のすぐ目の前に和歌山城が見えました。
※「続きを読む」から先は沢山の写真が表示されます。読み込みに時間がかかるかもしれませんが、ご容赦ください

3日目は、大阪、姫路を経由して山陽本線で岡山県の倉敷市に向かいます。

「はなだこ」で、たこ焼きを堪能

「はなだこ」で、たこ焼きを堪能
大阪駅でさっそく途中下車。「はなだこ」のたこ焼きを食べたかったのです。

「はなだこ」の、たこ焼き
相変わらず美味しい。個人的に、ここが一番かもと思うくらい。外はカリッと、中はフワフワ、このバランスが良いのです。

混雑ぶり
混雑ぶりも相変わらず。狭いカウンターにひしめき合いながら食べるのも大阪流。

大阪駅の御堂筋方面の出口から
大阪駅の御堂筋方面の出口から。

大阪駅ホームから眺めた景色
大阪駅ホームから眺めた景色。ずいぶんとモダンになりました。

相生駅
相生駅。

相生名物、うまいか
相生名物、うまいか。イカ天のようなものですが、こちらが元祖。1961年生まれです。

相生駅からの電車の中で、子供達が「アルプス一万尺」をして遊んでいたのが微笑ましく、印象深い光景でした。久々にこの歌を耳にしたな、子供の頃は自分もやっていたなと。普段、そういえば、東京や関東でこの遊びを目にしたことがないなとも思いました。

岡山駅

岡山駅

ホームから

倉敷駅の改札付近でペッパー君を発見
倉敷駅の改札付近でペッパー君を発見。カメラを向けると、腰に手を当ててポーズを取ってくれました(たぶん)。

ぼっけぇ、うめぇで!
ぼっけぇ、うめぇで! 岡山弁?でしょうか。

倉敷の美観地区を散策

白鳥の親子
倉敷、美観地区の入り口あたり。白鳥の親子がお出迎え(実際には餌を待っているだけですが)。

美観地区を散策
宿がこの先にあるので、そこに向かうがてら美観地区を下見します。

美観地区を散策(2)

美観地区を散策(3)

美観地区を散策(4)

謎のワンちゃん達
謎のワンちゃん達。テレビで見たことがあるような...。

倉敷アイビースクエア
Kurashiki IVY Square. 倉敷アイビースクエア。

倉敷アイビースクエア(2)
天気がかなり悪かったので写りも悪くなっていますが、歴史を感じつつ洗練された創り。良い宿に巡り会えました。

道中、天気予報はほぼ雨だったのですが、ここまでほとんど雨は降らず。むしろ、ついていたと感謝したいと思います。

倉敷アイビースクエア(3)

小径
かなり曇っていたので雰囲気が伝わりにくいと思いますが、なかなか風情ある町並みです。

トルコ雑貨のお店
トルコ雑貨のお店。お皿が華やかです。

誓願寺
誓願寺。

有隣荘
有隣荘。

美観地区を散策(5)

美観地区を散策(6)

美観地区を散策(7)

美観地区を散策(8)

美観地区を散策(9)

美観地区を散策(10)

美観地区を散策(11)

美観地区を散策(12)

美観地区を散策(13)

小さな跳び箱
小さな跳び箱。

倉敷の美観地区を散策

夜の本町
夜の本町。

やき鳥 高田屋
やき鳥 高田屋。東京でよく見るチェーン店の高田屋とは別物だと思います。雰囲気あります。

夜の本町(2)
小走りする女性。全くの他人ですが、絵のアクセントになったので背中を拝借しました。

美観地区を散策(13)

小豆島ラーメンHISHIO

小豆島ラーメンHISHIO
この日の夕食。「小豆島ラーメン HISHIO」の、HISHIOラーメン。島めし付きで。このラーメンも個性的で、うまかった。チャーシュー絶品。

Kurashiki IVY Square
宿に到着。

旅も後半。ひたすら鈍行を乗り継ぐ旅。正直、体は疲れますし、飽きが来ることも無いわけではありません(実際、途中で本を買いました)。

でも、時間をゆったり使えると思えば、こんなに贅沢な旅は無いと思います。さて、ここからはさらに無計画、ぶらり旅へ。

Camera:
Sony DSC-RX1R
Canon EOS 5D Mark II