モエレ沼公園の「ガラスのピラミッド」

5月の異動以来、終電帰りの日々、休日出勤の嵐。でも、12日に代休、そしてそのまま土日も久々に連休(というのも変だけど)という一瞬のエアスポットができたので、思い切ってフラッと北海道に帰りました。ここぞとばかり、です。

モエレ沼公園のガラスのピラミッド
モエレ沼公園の、ガラスのピラミッド。HIDAMARIという名前が付いているようです(Glass Pyramid "HIDAMARI")。

ピラミッドと平原
完全に三角ではなく、角度によっては家のようなシルエットも見せてくれます。完全なる人工物のはずだけど、不思議と広大な自然の風景に溶け込んでいます。

イサム・ノグチが設計、デザインしたこの公園。2005年にグランドオープンなので、札幌に住んでいる頃はまだ存在していなかったことになります。

子供達が遊んでいたり、犬を連れて散歩する人がいたり、広い敷地の中でそれぞれの時間をゆったり楽しんでいました。僕も道産子なので、こういった風景の中にいると落ち着くし、惹きつけられます。

場所柄なのか、冷たい風がビュービューと吹いていて薄手のシャツだけではかなり寒かったのですが、それでもまた訪れたいと思える公園です。

ところで、久々の5DとEF 17-40mm F4Lの組み合わせだったりします。フルサイズと超広角レンズは強烈です。人によってはクセが強いと感じると思うし、扱いも難しいかもしれないけど、強力にパースをつけながら広大な景色をキリッと収められるのは魅力です。

Camera:
Canon EOS 5D Mark II
Lens:
Canon EF17-40mm F4L USM