クラウドサービスに触れてみて

先日、クラウドサービスに関する研修を受講しました。

クラウドと呼ばれるものの概要から始まり、しばらく座学が続いた後はPCやAndroidタブレットを使っての実習形式で、代表的なクラウドサービスを徹底的に使いまくるというものでした。ちなみに代表的なクラウドサービスとは、例えば

  • Gmail
  • Google カレンダー
  • Google ドライブ / ドキュメント
  • Microsoft Office 365
  • DropBox
  • EverNote
  • ,etc.

等々といったものです。

・・・はい、僕をご存知の方はお気づきの通り、職業柄(だけでなく個人の趣味でもありますが)、もともと個人的にもWeb事情に関してはアンテナを張っているつもりなので、僕自身は上記サービスは研修の前から知っていました。というよりも、使っていますし。

が、それでもなかなか有意義な研修だったと思っています。なぜか。理由は3つあります。

1つは、気づきです。個人的にWebサービスを使っていると、「使いムラ」が出て来ると言うか、自分の使いたいようにしか使わない傾向が出てくるのですが、やはり人から学ぶと「こんな使い方もあるのか!」と気づかされるものです。

もうひとつは、Androidタブレットをイジり倒せたことです(しかも最新のVer.4端末)。これも1つ目の理由と似ていますが、個人的な好みの問題でiOS系を使い倒している一方でAndroidには今までほとんど触れてこなかったのですが、今回の研修で思いっきり使わせて頂くことができ、おかげさまである程度「Android利用者の視点」も持つことができました。

最後に、ちょっと思ったのが、実機をイジり倒し、Webサービスを使い倒す事が楽しかったということです。やっぱりこういうのが好きなんだろうなと。