「NIKE AIR MAX+ 2011」と、走り続ける。

AIR MAX+ 2011 (1)
ジョギングシューズがボロボロになっていたのでGW中に新調しました。
ナイキの「AIR MAX+ 2011」。店員さん曰く、今年の新型らしいです。

AIR MAX+ 2011 (2)
Nike+のセンサーを靴に埋め込み、iPod nanoと連動。
結果、20代の頃と比べてペースが若干落ちている事が判明。
走行距離そのものはむしろ20代のころより長くなっているのですが。

AIR MAX+ 2011 (3)
「走る事」自体はとくに無理をして続けている訳でもなく、
自分の趣味、または生活リズムのようなもので細々と続けていますが、
やっぱり環境の変化は大きいです。

海風にあたりながら景色を眺める事の出来る贅沢。
そして、さらに「NIKE AIR MAX+ 2011」の快適な走り心地。

長い間、ひとつの物事や目標を続けて行く上で、
行き詰まったと思ったら環境を変えてみる事も有効なのかもしれません。